Map of Yilan

LCCや国際線は「桃園空港」に発着します。

那覇から1時間半、関西からでも3時間弱で来れます。


那覇からは、ハイシーズンでなければ、

片道5000円代で購入可能で、離島へ行く金額ともはや変わりません。

これからの旅は、常にパスポートもお持ちください。

思いつきで台湾へも来れるように。。


桃園空港から、台北駅までバスで1時間かかりましたが、

地下鉄(MRT)が今年春あたりに、空港と台北駅間で

開通するとのことですので、ますます近くなりますね。


首都である 台北駅のバスステーションから約1時間、

130元で行くことができます。

詳しくはアクセスに記していますので参考にしてください。


台湾は西部が平坦で、街も道も栄えていますが、

海岸すれすれまで山深い東側の地形は、もともと海岸沿いを北から大回りして

行かないと、宜蘭までの道がなかったのですが、近年、長いトンネルが開通したことで、

1時間弱で台北からまっすぐに行き来できるようになり、観光や行楽で訪れる人も増えたようです。


特急や新幹線も停まる、大きな駅で、バスも宜蘭やこのあたりの温泉地までのバスも多数出ています。

駅前には古き歴史ある建物と、都会過ぎず程よい街が広がっています。

日本との歴史の名残もあるらしく、自然豊かな、観光地のようです。


郊外には一面 田んぼが広がっています。


海岸に面して浜もあり、海岸の向こうには、離島もあり、

山間には温泉もある地域で、水も豊かな素敵な街です。


恋人ベイ

恋人ベイ 沖縄へつながる青い海

夜市

宜蘭も夜市が有名です。

昔の駅前の地図

昔の駅前の地図

蓁巷湧泉

宿の近くにある湧き水の泉。「蓁巷湧泉」

稲刈り風景

稲刈り風景

無農薬農家が多く、近年は国内から農業移住する若者も多いようです。

稲刈り風景

小間書房

宿のすぐ横にある、アンテナショップ「小間書房」

コミニュティースペースであり、手作り野菜や加工品、書籍なども販売しています。

もう少し詳しく 調べたい方は

webで

「台湾 宜蘭」で検索

( ぎらん と入力すると変換してくれます)

観光サイトなどたくさん出てきますので

ご自分で調べてみてください。


宿があるところは、そこから車で10分くらい郊外になります。

とても静かな田舎町。次のページで駅からのアクセスを紹介します。

Taiwan image

->宿付近の街の紹介も 次のページにて