tenko

【早餐屋的宜蘭日記・36】

Tenko 半農半X 早餐屋的宜蘭日記 月光荘的生活

林宏泰の焼くパンは美味しい。
月光荘の水道を修理しに来てくれたり、
とても頼りになるお兄さん。

水曜日がパン焼きによい気温だということで、マキちゃんと一緒に教わりにいくことになった。

酵母が小麦からできることをはじめて知った。
そういえば、那覇の月光荘に泊まっていた宏泰さんが朝早くに小麦粉と塩と酵母だけのシンプルで滋味深いパン焼いてくれたな、あれも美味しかった・・

やるべきことを覚えている職人の手が好きだ。
身体の中心に一本の軸が通り、無駄なく滑らかに動く手についつい見惚れた。

いとも簡単に粉がパン生地になってゆく様子をみていたけど、実際にやらせて貰うとたちまち生地はベトベトにひっついてとても掴めない。

「老師、パン造りはもう何年していらして、どこで修行したの?」
という私たちの問いに、「一年くらい、、YouTubeみて!」気のいいお兄さんの顔して笑う、ほんたいさん。
なんかすごいな、この人、、
大きな木みたい、鳥とか止まりにきそう、安心させる力、、かな
パン生地や酵母もこの人の手に触れるとついつい安心して、丸っとあんな調和のとれたパンになるんだろう。

焼きあがったパンを、バジルとかチーズとかドライトマトとオリーブオイルの美味しいやつと、紅豆ちゃんのかぼちゃのスープとで頂く。
焼きたてのパンは、美味しくて、、
お日様みたいな味がした。

パンの焼き方どうこうよりも、エッジの効いた力加減の繊細さと、全体に溢れる大らかな大雑把さを見習いたい、人生全般に、、と感じたある日のことでした。

* * * *

【林宏泰さんの自家製酵母、ひきたてオーガニック全粒粉パンはこちらから注文できます。宜蘭にいらしたら是非!】
※紅豆ちゃんの焼く、アップルパイとケーキも絶品です。

小房子烘焙
※詳細はコメント欄を参照ください

* * * *
林宏泰的麵包超級好吃
有幫我們修過月光莊的水管,
非常值得信任的好男人。
那個禮拜三,剛好是個烤麵包的好天氣,我和まきちゃん決定一起去跟宏泰學習麵包的作法。
第一次知道了天然酵母是可以自己用小麥做出來的
話又說回來,曾經去過沖繩月光莊的宏泰,那天特別的早起,迅速得只用小麥粉,鹽,酵母,非常樸實的烤起了麵包給我們。那麵包到現在還是很懷念呢。
能記住自己該做的事,擁有自己一項專業的人,我非常喜歡這樣的人呢。
看著以自己的身體為中心,不浪費任何力氣,柔滑得動著的那雙手,不小心看呆的我。
以前都是看著麵粉漸漸變成生麵團的樣子,但實際做起來之後才發現形狀完好的生麵團是非常困難的一件事。
『老師已經製作麵包幾年了呢?是在哪裡學得?』
面對我們的問題,『大概一年左右,看YouTube學的!』擺出溫柔的大哥哥的樣子笑了一下的宏泰。
感覺好厲害啊。。這個人
就像龐大的樹木一樣,能夠留住那放蕩不羈的鳥,讓人不自覺安心下來的力量。
生麵團還有酵母被這樣的雙手碰觸到的話,也能夠很安心的調和在一起,變成好吃的麵包吧
將烤好的麵包和九層塔、起司、橄欖油、蕃茄乾等等好吃的東西加在一起,還有紅豆做的南瓜湯。
那麵包的味道香氣四溢,如太陽般溫暖的

烤麵包的方法因人而異,我想看著每個人對於每個動作那力量的掌握,以及整體而言那豪邁且不拘小節的作法來藉此學習,在我的一生當中,又多了一個新的體驗了呢。

* * *
『林宏泰的自製酵母,有機種植的全麥麵包從這邊可以預購哦 若是來宜蘭的話,請一定要參考看看』
※紅豆做的蘋果派還有蛋糕也是極品哦
※詳細情形麻煩看一下留言欄。

* * *【中文訳・趙 柏仲】

20171226-035951.jpg

20171226-040015.jpg

20171226-040034.jpg

20171226-040118.jpg

20171226-040131.jpg

20171226-040145.jpg

20171226-040159.jpg

20171226-040209.jpg

20171226-040219.jpg

20171226-040232.jpg

20171226-040244.jpg

20171226-040307.jpg

20171226-040319.jpg

20171226-040328.jpg

20171226-040338.jpg

20171226-040349.jpg

20171226-040406.jpg

20171226-040422.jpg

20171226-040437.jpg

20171226-040446.jpg

20171226-040457.jpg

20171226-040513.jpg

20171226-040528.jpg

20171226-040539.jpg

20171226-040553.jpg

20171226-040601.jpg

20171226-041149.jpg


« »